指定管理者の紹介

指定管理者の紹介

五月山体育館は、開館当初から(一財)池田市公共施設管理公社が池田市より委託を受け管理していましたが、平成16年4月からは、地方自治法244条の2第3項の規定に基づき指定管理者として池田市より指定を受け、管理運営を行っています。
また、平成21年4月からは、指定管理者として2度目の指定を受けています。

〜財団法人池田市公共施設管理公社  設立趣意書〜

池田市は、“うるおいのある豊かなまちづくり”を基本理念として、各種の施策を展開するとともに、公共の施設の整備・拡充に積極的に取組み、その管理運営を市が直接的に行っていました。このため、管理運営に要する経費も必然的に増加し、市財政に与える影響は多大なものとなっています。
今日の構造的な財源不足による厳しい行財政のもとで、効率的な行政運営をめざし、市民の行政需要に応えつつ、事業の振興と効果的な管理運営の実現を図ることが急務であります。
今般、五月山緑地都市緑化植物園の新設にあたり、財団法人池田市公共施設管理公社を設立し、本市の公園施設をはじめとする公共施設を利用し、市民福祉増進事業を本市と密接な連携を保ちながら実施するとともに、当該施設の管理を行うことにより、施設の設置目的を効果的・効率的・経済的に達成し、施設の利用増大を図り、もって市民の福祉増進に寄与しようとするものであります。

平成元年

次世代支援対策への取組み